CX-8

走りつづける。大人のゆとりを携えて。CX-8

国内向け新世代商品として初めての3列シート採用モデルとなるクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」。
CX-8の最上級モデル XD L Packageに7人乗りベンチシート車が登場しました。
エモーショナルで美しいプロポーション。そして、大人のゆとりを感じさせる上質な空間。時を超えて愛される普遍性と品格ある先進性を融合した1台を、ぜひご体感ください。

進化したクリーンディーゼル

マツダでは理想のディーゼルエンジンを目指して、人間中心の設計思想に基づき、さまざまな技術革新に挑戦し続けています。CX-8にはそれらの積み重ねの上に、大きな進化・スペック向上を果たしたSKYACTIV-D 2.2を搭載。理想の燃焼の実現に向けて「急速多段燃焼」という燃焼の考え方へと進化させ、「走行性能」「燃費」「静粛性」「排出ガス」というエンジンとしてのすべての性能を向上させました。

3列シート空間に貫かれた、人間中心のつくり込み

サードシートを持つSUVとしてCX-8が目指したのは、乗る人が心身ともに実感できる走りの楽しさと上質な快適性です。そのため、必要十分な室内の広さを確保するとともに、乗員の体をしっかりと支えながら無理のない自然な姿勢を保ちやすい構造と性能を、3列すべてのシートに求めました。こうした人間中心の考え方によって、3列シートのどこに座ってもロングドライブを快適に楽しめる上質な室内空間を実現しています。

静かで上質な室内環境

すべての乗員がなごやかに会話しながらドライブを楽しめる、静かで上質な室内環境を目指しました。そのため、路面からのノイズや風切り音の抑制に加え、室内で反射して乗員の耳に届くことで不快感が増すノイズを低減させるよう、室内の要所に吸音材を採用。音の反響を抑え、人間が実感できる静かさのクオリティをより高めました。お届けするのは、フロントシートからサードシートまですべての乗員が普段の声で会話できる快適さです。

先進安全技術を全車標準装備

マツダは、安心して運転を楽しめるクルマを目指しています。
そのため、自動ブレーキはもちろん、ヒヤリを感じさせないための先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準化。「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当する4つの技術を、CX-8は全グレードで標準装備しています。さらにCX-8では、ドライバーから見えない領域の認知をサポートするシステム(360°ビュー・モニター)をオプション設定しています。

お電話でのお問い合わせ

0066-9711-777569

一部ダイヤル回線、IP 電話、光電話は利用できません